築10年の一戸建ての売却相場とは?売却のコツや注意点も把握しよう!

築10年の一戸建ての売却相場とは?売却のコツや注意点も把握しよう!

一戸建ての売却を成功させるためには、良いタイミングでおこなうことが大切です。
しかし、築10年の一戸建ては比較的新しく、タイミングが図りづらいと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、築10年の一戸建て住宅の売却相場や売却のコツ、注意点についてご紹介します。
一戸建ての売却をご検討中の方は、ぜひ今後のご参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

築10年の一戸建てを売却!売却価格の相場とは?

築10年の一戸建てを売却!売却価格の相場とは?

築10年の一戸建てを売却する際に気になるのは、「どのくらいの価格で売却できるのか」ではないでしょうか。
不動産を売却する場合、最終的に売却価格を決定するのは売主です。
売却価格の設定は売却の成功を左右するため、事前に相場を把握しておくことは大切なポイントだといえます。
ここでは、築10年の一戸建て住宅の売却相場についてご紹介します。

築10年の一戸建ての相場は?

築年数の経過にともなって不動産の価値は下がるのが一般的です。
ただし、価値が下がるのは建物部分のみで、土地の価値については築年数の影響を受けないとされています。
新築と比較した場合、築10年の建物の価値は50%ほど下がるのが相場です。
たとえば木造一戸建ての法定耐用年数(税務会計上の資産の使用期間)は22年と定められており、築10年であればまだまだ価値があると考える方もいらっしゃるでしょう。
しかし、比較的新しい一戸建てでも、さまざまな理由によって価値が下がってしまうのです。

築10年の一戸建ての価値が下がる理由

築10年の一戸建ての相場が50%ほどになってしまう主な理由は、次の3つです。

理由①便宜的に建物の価値は下がっていくとされているため
先述したように税務会計上、資産の使用期間が便宜的に定められており、それに当てはめて考えるためです。
たとえば木造住宅の場合は、法定耐用年数が22年のため、新築時の価値を100%と考えると10年後は50%ほどになるという計算です。
このような考え方を踏まえると、建築から22年が経過するとこの一戸建ての建物部分の価値は0になり、価値があるのは土地部分のみとみなされます。
ただし、法定耐用年数はあくまでも会計上の数値であり、実際の建物の耐久性とは異なります。
居住者の管理状況や立地、環境などによって建物のコンディションは異なるため、場合によってはお伝えした相場以上の価格で売却できるケースがあるかもしれません。
ほかにも建物に歴史的建造物などの付加価値がある場合も同様です。

理由②日本の不動産市場では新築志向が強いため
日本の不動産市場では新築志向が強いことも理由の1つです。
新築と比較すると中古住宅は需要が低い側面があるため、一般的に価値が下がりがちといえます。

理由③設備交換が必要になりやすいため
築10年といえば、ちょうど設備機器などの経年劣化が目立ちはじめる時期です。
そのため、設備機器の交換や補修工事などが必要になるケースもあり、築浅物件と比較すると購入を敬遠されがちです。
需要の面から見ると築浅物件よりもさらに減少傾向と考えられるため、価値が下がりやすくなってしまいます。

なるべく早めの売却がおすすめ

ここまでお伝えしたように、まだ築10年とはいえ、築年数の経過によってさまざまな理由で建物の価値は少しずつ下がっていきます。
もし売却を検討しているのであれば、早めの段階から準備を進めておくことがおすすめです。
また、築10年は住宅ローン控除が終了する方の多い時期です。
不動産の資産価値とローン返済のバランスを考えても、良いタイミングだといえるでしょう。

築10年の一戸建てを売却するためのコツ

築10年の一戸建てを売却するためのコツ

築10年の一戸建てを売却するのであれば、コツを押さえておくことも大切です。
中古住宅のなかでも築10年の一戸建ては売れやすいため、少しでも高値で売却できるように手続きを進めましょう。

売り出し価格は希望より高めに設定しよう

築10年の一戸建てを売却する場合、住宅ローンが関係することが多いため、売却価格の設定は慎重におこなう必要があります。
売却時には購入希望者から値下げ交渉を持ちかけられるケースもあり、応じた場合に希望価格で売却できなくなるためです。
そうなれば、住宅ローンの残債を売却金でまかなえないかもしれません。
しかし、売り出し価格を高めに設定することによって値下げ交渉に応じた場合でも希望価格で売却しやすくなります。
売却価格を高くしすぎると購入希望者が現れない可能性もあるため、相場とのバランスを見ながら設定することが大切です。

内覧の準備は念入りにおこなうと成功しやすい

内覧の準備を念入りにおこなうことも売却のコツの1つです。
なぜなら、内覧での物件の印象がそのまま契約に結びつくためです。
購入希望者にできるだけ良い印象をもってもらうために内覧前の掃除は念入りにおこないましょう。
とくに水回りや収納は着目されやすい場所のため、プロによるハウスクリーニングを検討しても良いかもしれません。
一戸建ての場合は、庭や外壁などの外回りにも気を付ける必要があります。
草とりや外壁の目立つ汚れの補修なども事前に対応しておきましょう。

スケジュールにはゆとりをもつことも大切

売却のスケジュールにゆとりがない場合、購入希望者からの値下げ交渉に応じざるを得なくなり、高値での売却が困難になってしまいがちです。
そのため、売却のスケジュールにはゆとりをもっておくことも売却成功のコツといえるでしょう。
一戸建ての売却にかかる期間は、一般的に4か月から6か月ほどです。
売却したい時期から逆算し、少なくとも半年前までには売却に向けて動き出すことをおすすめします。

築10年の一戸建てを売却!知っておきたい注意点とは?

築10年の一戸建てを売却!知っておきたい注意点とは?

築10年の一戸建てを売却するなら注意点についても把握しておくことが大切です。

住宅ローンの残債はどのくらい?

1つ目の注意点は、住宅ローンの残債です。
不動産の売却時には、住宅ローンを完済しなければなりません。
なぜなら、住宅ローンの契約時に設定されている抵当権(金融機関が不動産を担保にとる権利)を抹消する必要があるためです。
売却金で完済できるのかを確認するためにも、住宅ローンの残債はきちんと把握しておきましょう。
売却金だけで完済できない場合の資金繰りについてもしっかり考えておくと安心です。

契約不適合責任に問われないような対処も必要

契約不適合責任とは、契約書の内容と異なる不具合があった場合に売主が負わなければならない責任のことです。
買主から契約解除や損害賠償などを請求される可能性があります。
万が一、契約書に記載のない不具合が見つかった場合、売主は対応を迫られるケースがあることは注意点です。
契約不適合責任を回避するためには、住宅診断の活用がおすすめです。
住宅診断とは、専門家の調査によって家の状態を知ることができる住宅の健康診断のことです。
個人での確認が難しい床下や屋根裏の状態まで調査してくれます。
そのため、売却前に物件の状態を把握でき、スムーズに契約を進めることが可能です。

リフォームの要否は個人でおこなわない

内覧で良い印象を与えるためにリフォームを検討する場合があるかもしれません。
しかし、リフォームが必ずしも売却の成功に結びつくとはいえないことも注意点です。
リフォームをおこなうことによって見た目の印象は良くなるかもしれませんが、かかった費用の上乗せが必要になります。
そうなれば、相場よりも高くなってしまい、買主が見つからないこともあり得ます。
また、リフォームの内容が購入希望者のニーズに合致しないケースもあるでしょう。
このようにリフォームの要否は個人での判断が難しいため、専門家に相談してから検討することをおすすめします。

まとめ

今回は、築10年の一戸建て住宅の売却相場や売却のコツと注意点についてご紹介しました。
築10年の一戸建ては、住宅ローンと資産価値の兼ね合いを考えても売却に良い時期といえます。
価格設定や契約不適合責任などを意識しながら進めれば、スムーズに売却できるでしょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0566-52-6063

営業時間
AM9:00~PM5:00
定休日
水曜日、祝日

関連記事

スタッフブログ

不動産売却

お知らせ

空き家

売却査定

お問い合わせ