不動産売却時の査定方法の違いとは?査定依頼時の注意点もご紹介

不動産売却時の査定方法の違いとは?査定依頼時の注意点もご紹介

不動産査定とはどのようなものか、また気軽に依頼して良いのか、お悩みではありませんか?
査定依頼をしたら、すぐに売却しなければならないのでは?とお考えの方もいるでしょう。
そこで今回は不動産査定について「机上査定」と「訪問査定」の違いや選び方、自分で相場を調べる方法について解説します。
また査定依頼をする際の注意点などもご紹介していますので、高浜市、碧南市、その他西三河エリアで不動産売却や査定のご依頼をご検討中の方はぜひご参考になさってください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の査定方法は2種類!机上査定と訪問査定の違いは?

不動産売却の査定方法は2種類!机上査定と訪問査定の違いは?

不動産売却時の査定方法には「机上査定」と「訪問査定」の2種類の方法があります。
机上査定とは?
机上査定とは、物件へは訪問せず、概算の金額を算出する査定方法です。
近隣の類似物件の相場や市況データ、公示地価や固定資産税評価額などの公的価格などを用いて短時間で算出できることが特徴です。
訪問査定とは?
訪問査定とは、机上査定のデータを用いた上で現地へ訪問し、物件や周辺環境の状況を加味して、査定金額を算出する方法です。
現地で日当たりや雨漏りの有無、物件の状況や騒音、交通の利便性など周辺環境について細かく確認をするため、より現実的な査定が可能です。

「机上査定」と「訪問査定」はどうやって使い分ける?

机上査定と訪問査定はどのように使い分けたら良いのでしょうか?
机上査定の利用シーン

  • 売却するかどうか迷っている
  • 相場がどのくらいか知りたい

机上査定は、立ち会いの必要もなく、2、3日中に査定結果がわかります。
対面不要で、数日で査定金額がわかるため、相場の把握や売却を迷っている方にとって利用しやすい査定方法と言えるでしょう。
訪問査定の利用シーン

  • 現実的な売却価格が知りたい
  • 早く売却したい
  • 不動産が売れるかどうか現地で確認してほしい
  • 不動産会社へ物件を見てもらいながら疑問点などを確認したい

訪問査定では、査定結果がわかるまでに1週間~10日程度かかることが一般的です。
物件の状態や周辺環境について細かく確認するため、実勢相場に近い査定金額を把握できることが大きなポイントです。
また売却前に疑問点などを現地で直接聞けることも、訪問査定のメリット。
このようにそれぞれの違いを踏まえた上で、利用シーンに合わせて選択すると良いでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ紹介

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の査定依頼をしたら自分でも相場を調べてみよう!

不動産売却の査定依頼をしたら自分でも相場を調べてみよう!

不動産売却で相場を把握するためには、ご自身でも相場を調べることをオススメします。
近隣物件の取引事例や現在の売り出し価格、さらには公的機関の指標などを把握することで、過去の相場変動や現在の相場状況をご自身の目で確かめられるため、不動産会社の査定にも納得感を得られるでしょう。
自分で物件を調べる際には、以下の方法があります。

実際の取引き価格を調べる方法(戸建て・マンション)

レインズ・マーケット・インフォメーション
直近1年間に取引きされた売買に関する情報が検索できる、国土交通大臣が指定する不動産流通機構が運営する「不動産ネットワークシステム」です。
地域指定ができるため、高浜市や碧南市、その他西三河エリアなど、地域を絞り込んで検索できます。
検索結果は一覧表示されるため、その中から平米数や間取り、取引き価格などを参考に、条件の近い物件を探してみましょう。
土地総合情報システム
国土交通省が運営する不動産の取引価格や地価公示、都道府県地価調査の価格を閲覧できるWebサイトです。
取引価格については、実際に不動産取引をした方のアンケート結果が反映され、取引総額や土地の形状、坪単価などを閲覧できます。
また地価公示や都道府県地価調査の情報も閲覧でき、地図をクリックすることで、知りたい地域の詳細なデータを確認できます。

実際の売り出し価格を調べる方法(戸建て・マンション・土地)

不動産のポータルサイトなど物件検索サイト
現在の売り出し価格は、不動産ポータルサイトなどで確認できます。
地域を絞ったり、間取りや面積からも検索可能です。
売却物件と類似する物件や、利便性によって価格はどのくらい変動するかなど、さまざまな角度から確認しておくと良いでしょう。

公的機関の調査した価格を調べる方法(土地)

公的機関が調査した価格の紹介(公示地価など)
公的機関が調査した価格には以下のものがあります。

  • 地価公示
  • 都道府県地価
  • 相続税路線価
  • 固定資産税評価額

地価公示や都道府県地価は直接検索ができますし、先述の「土地総合情報システム」からも検索可能です。
相続税路線価は国税庁による「路線価」のサイト、不動産価格指数は国土交通省のホームページからそれぞれ確認できます。
また価格の目安として、地価公示や都道府県地価は不動産取引価格と同等ですが、相続税路線価は相場の8割程度、固定資産税評価額は相場の7割程度となることに注意が必要です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ紹介

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時の査定依頼で気を付けたいことは?

不動産売却時の査定依頼で気を付けたいことは?

不動産売却で査定依頼をする際に気を付けたい点について見ていきましょう。

住み替え時の売却と購入は同じ不動産会社へ依頼するのが良い?

住み替え時には、同じ不動産会社へ「売却」と「新居の購入」を依頼するとスムーズに手続きが進められます。
住み替えローンの手続きがスムーズ
住宅ローンが残った状態で不動産売却する際には、住宅ローンはすべて完済しなければ、買主へ引き渡しができません。
しかしながら住み替えの際に、新居の購入による「住み替えローン」を利用すれば、既存の住宅ローンと新居のローンをまとめて組めるため、住宅ローン残高があったとしても新居の購入が可能になります。
ただし、住み替えローンを利用するためには、不動産売却と新居の購入を同時に決済し引き渡す必要があるため注意が必要です。
その上売却金額が確定していないと住宅ローン残高が確定しないため、「売り先行」で不動産売却を優先的に進める必要があるのです。
込み入った調整が必要なため、売却と新居の購入は同じ不動産会社へ依頼するほうが効率も良く、売主様の負担も大幅に軽減できるでしょう。
引き渡しから引っ越しの調整がしやすい
住み替えの際には、引き渡し日と引っ越しのタイミングの調整も重要です。
不動産売却し、金額が確定しても新居への引っ越しのタイミングがずれてしまうと、仮住まいが必要になり出費がかさみます。
引っ越しのタイミングを逃さずスムーズに進めるためにも、同じ不動産会社で手続きを進めると良いでしょう。

こんな状態でも売却できる?

不動産売却を検討しているけど「周囲に知られたくない!」「不動産会社の車で訪問しないでほしい」など、さまざまなご事情を抱えている方もいらっしゃいます。
査定の依頼をする際には、そういった要望もすべて伝えておくと良いでしょう。
弊社の不動産査定は、売主様のご事情に寄り添いながら柔軟に対応しております。
不動産売却の査定依頼は無料ですので、どうぞお気軽にお申し込みくださいませ。
不動産売却の査定依頼時には必要書類を揃えておくとスムーズ
不動産売却で査定を依頼する際には、以下の書類を準備しておくとスムーズです。

  • 土地の実測値がわかる図面、境界確定図
  • 建築図面、設計図書
  • 建築確認申請書および建築確認済証
  • 検査済証
  • 分譲時のパンフレット(マンション)
  • 管理規約・使用細則(マンション)

不動産売却の査定依頼時には、上記の書類が必要になることが一般的ですが、各不動産会社によって内容に違いもあるため、査定依頼の際に不動産会社へ確認してから準備すると良いでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ紹介

まとめ

不動産売却による査定を依頼する際には、ざっくり不動産の価値を知りたい場合は「机上査定」、急いで売却を進めたい場合は「訪問査定」、と使い分けて依頼すると良いでしょう。
ただし、不動産売却はタイミングがとても重要なため、売却するかどうか迷っている方は、相談も兼ねて早めに不動産会社へ訪問査定を依頼し、準備を進めておくことをオススメします。
八大不動産の査定のご依頼は無料ですので、高浜市、碧南市、その他西三河エリアで不動産売却をご検討中の方は、お気軽に弊社までご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0566-52-6063

営業時間
AM9:00~PM5:00
定休日
水曜日、祝日

関連記事

スタッフブログ

不動産売却

お知らせ

空き家

売却査定

お問い合わせ