ハザードマップは不動産売却に影響する?高浜市の地価動向への影響も解説

ハザードマップは不動産売却に影響する?高浜市の地価動向への影響も解説

ハザードマップとは、災害が起きたときの履歴に基づいて、予測されるリスクを表した地図です。
不動産売却時には、ハザードマップを用いた説明も義務化されています。
そこで今回は、西三河地区で不動産売却をお考えの方に向けて、ハザードマップとは何かという基礎知識から、高浜市の地価への影響についても解説します。

\お気軽にご相談ください!/

ハザードマップとは?高浜市で不動産売却する前にチェック!

ハザードマップとは?高浜市で不動産売却する前にチェック!

高浜市で不動産を所有される方のなかにも、ハザードマップが不動産売却に与える影響について、気になっているという方がいらっしゃるのではないでしょうか。
まずは、ハザードマップとは何か、どんな情報がわかるのかについて解説します。

「ハザードマップ」とは?

ハザードマップとは、過去に発生した自然災害のデータに基づいて、その地域でどのようなリスクがあるのか、また避難場所はどこにあるのかなどをわかりやすく表した地図です。
防災マップ、被害想定図と呼ばれることもあります。
ハザードマップは、各市区町村が作成しており、HPで誰でも閲覧できるように公開しています。
不動産売却をお考え中の方も、所有する不動産があるエリアのハザードマップをチェックすることが可能です。
高浜市も、各種のハザードマップを作成していますので、のちほど詳しく解説します。
また、国土交通省は「ハザードマップポータルサイト」を運用しています。
ハザードマップポータルサイトでは、各市町村が作成したハザードマップを確認できるほか、土地の特徴や災害リスクと航空写真や地図を重ねて表示できる「重ねるハザードマップ」も利用可能です。
これらのハザードマップは、災害発生時に活用されることはもちろん、自然災害に備えて重要な知識を得ることができるので、防災対策の面でも役立てられています。
ハザードマップには、次のような情報が掲載されています。

  • 予測される災害の発生地点
  • 被害が想定される区域
  • 避難の経路や避難場所

一般的には、これらの情報を用いて、自宅や会社周辺での被害が想定される地域を確認したり、避難ルートや避難場所などをチェックしたりするために活用されています。
不動産売却をする場合も、ハザードマップ上で位置を確認すれば、災害に強い地域であるか、避難場所が近いかなどを売却活動の参考にできるでしょう。

ハザードマップの種類とは

災害とはいっても、台風や大雨、地震といった種類があり、ハザードマップも災害に応じた種類分けがされています。
代表的なハザードマップの種類は、次のようなものです。
・洪水
大雨などで河川氾濫した場合、浸水が予測される範囲や深さのほか、避難場所や避難経路などを表示します。
・高潮
高潮とは、台風などで高波やうねりが生じ、海面が高くなること。
高潮ハザードマップでは、堤防を越えて浸水が予測される地域などを表示します。
・内水
内水とは、大雨などが起きた際、下水道の排水能力を超えた雨水によって、浸水すること。
内水のハザードマップは、浸水が予測される地域や深さ、避難場所や避難経路などを表示します。
・地震
地震が起きたときに被害が予測される震度や建物被害、地盤の液状化の恐れなどを表示します。
・津波
津波ハザードマップの内容は自治体によっても変わってきますが、一般的には津波によって生じると予測される浸水の範囲、避難場所や避難経路などを表示します。
・土砂災害
大雨や台風で起きる土石流や地滑り、崖崩れの危険性がある地域を表示します。
・火山
火山の噴火による火砕流、土石流、ガスの発生、泥流などによる被害が予測される地域を表示します。
各市区町村では、地域に応じたハザードマップを作成しています。
次の章では、高浜市のハザードマップについてご紹介します。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

高浜市で不動産売却する際にも説明が義務化されたハザードマップ

高浜市で不動産売却する際にも説明が義務化されたハザードマップ

愛知県高浜市のハザードマップの確認方法

不動産売却をされる場合に、ハザードマップの説明の義務化は、予備知識として押さえておきたいことのひとつです。
2020年8月、宅地建物取引業法の改正によって、不動産取引の重要事項説明時にハザードマップを用いた説明をおこなうことが義務化されました。
不動産売却時には、売買契約が成立するまでの間に、買主に対して水害リスクの情報を伝えるよう説明義務が定められています。
義務化については国土交通省のガイドラインで示されており、市町村のHPに掲載される最新のハザードマップを用い、取引物件のおおよその位置や避難所を伝えることなどとしています。
高浜市で不動産売却をする場合にも、どのようなハザードマップがあるかをあらかじめ把握しておくことが大切です。
高浜市のハザードマップをチェックする場合は、まず市のHPから確認ができます。
高浜市のHPにアクセスしたら、トップページから「分類でさがす」ボタンを選び、「くらしの情報」のカテゴリーのなかから「防災」を選ぶと、ハザードマップの情報について閲覧が可能です。
また、前述で触れたハザードマップポータルサイトにアクセスしても、「わがまちハザードマップ」から「愛知県高浜市」を検索することで確認ができます。

市のHPで案内があるハザードマップの種類

高浜市のHPでは、「洪水」「高潮」「地震」「津波」「土砂災害」についてのハザードマップが公開されています。
ハザードマップの説明の義務化について示した国土交通省のガイドラインでは、不動産売却する物件の位置を説明する際には、水防法に基づいて作成された洪水、雨水出水、高潮の地図を用いることとしています。
そのため、高浜市で不動産売却をご検討中の方は、義務化にあわせて、とくに「洪水」と「高潮」のハザードマップをチェックすると良いでしょう。
高浜市の洪水ハザードマップでは、矢作川水系において、水防法に沿って想定できる最大規模の降雨があったときの洪水、浸水地域などを示しています。
また、高浜川と前川水系についても、想定できる最大規模の大雨によって生じる洪水、浸水が起きたときの予想図を作成しています。
高潮ハザードマップについては、平成26年に愛知県が公表した浸水想定図を確認できますが、今後、新しいものも追加で作成される予定だそうです。
不動産売却をするタイミングでも、あらためて確認をするのが良いでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

ハザードマップは不動産売却に影響する?高浜市の地価動向も解説

ハザードマップは不動産売却に影響する?高浜市の地価動向も解説

不動産売却をする前に知っておきたいハザードマップの基礎知識や、高浜市で公開されるハザードマップについてご紹介してきました。
それでは、実際に不動産売却をする際には、ハザードマップは価格などに影響を及ぼすのでしょうか。
ここでは、高浜市の実際の地価動向とあわせて解説します。

不動産売却への影響

結論からいうと、ハザードマップが不動産売却に影響する可能性は、極めて低いといって良いでしょう。
というのも、不動産の価格はあらかじめ土地の状態や災害時の影響も考慮して鑑定されているためです。

高浜市の地価動向

  • 地価総平均 8万8,345円/㎡
  • 坪単価 29万2,049円/坪
  • 変動率 -0.45%下落

※上記の数字は高浜市の公示地価と基準地価の総平均を記載しております。
※参考://tochidai.info/aichi/takahama/
変動率を見ると、直近ではわずかな下落が見られますが、実は平成25年以降堅調に上昇を続けていました。
平成26年に、愛知県が高潮浸水想定を公表した後も、上昇しています。
また、高浜市の地価平均も見ていくと、さらに長期間にわたって安定した価格推移を続けています。
このことからも、ハザードマップが地価に及ぼす影響は低いといえ、高浜市は一定の評価を受け続けていることがわかります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

ハザードマップの説明義務や不動産売却への影響について解説しました。
八大不動産では、高浜市のほか、碧南市、刈谷市、安城市、半田市、西尾市でも、さまざまなケースの不動産売却をサポートさせていただいております。
西三河地区で「災害の影響が気になる…」という場合も、まずはお気軽に弊社までご相談ください。








ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0566-52-6063

営業時間
AM9:00~PM5:00
定休日
水曜日、祝日

関連記事

不動産売却

空き家

売却査定

お問い合わせ