マンションの1階が売却しにくい理由とは?売却するためのコツを解説!

マンションの1階が売却しにくい理由とは?売却するためのコツを解説!

 

マンションの1階は、一般的に上の階に比べて売却が難しい傾向がありますが、1階ならではのメリットも多く、それらが売却時のアピールポイントになります。
マンション1階の売却をスムーズに進めるためにも、1階のメリットや売却のコツを確認しておきましょう。
今回は、マンションの1階が売却しにくい理由や1階ならではのメリット、売却のコツについても解説します。

マンションの1階が売却しにくい理由とは

マンションの1階が売却しにくい理由とは

マンションの1階は、高層階に比べて売却しにくい理由について解説します。

日当たりと眺望が良くない

マンションの1階は、周囲に建物がない状態でも、高層階に比べて日当たりが悪いことが理由の1つです。
周囲に高い建物が建っていれば尚更日当たりが悪くなり、洗濯物が乾きにくいなどの問題も生じます。
また、マンションの購入を希望する方は、眺望の良さを求めている場合が多く、高層階を望む傾向があります。
眺望の良さを物件探しの条件として考えている方からは、1階が候補から外されてしまうかもしれません。

セキュリティ面の問題

セキュリティ面が充実していて防犯性が高いと考えられるマンションですが、1階はセキュリティ面に不安が生じることも理由の1つです。
上の階だから安全という訳ではありませんが、「庭から侵入されるのではないか」と不安に感じる方も多くいらっしゃいます。
洗濯物も丸見えになり、女性の場合は外に干すことにも気遣う必要が生じるでしょう。

浸水のリスクがある

高層階に比べて浸水リスクが高いことも、マンションの1階が売れにくい理由の1つです。
大雨被害が増加する近年では、浸水に対する危機管理が重要となっており、浸水リスクの高い1階が避けられる可能性があります。
ハザードマップを確認し問題のない地域なら影響は少ないですが、川の近い地域や低地にあるマンションでは、浸水リスクへの不安が理由になる可能性も高いです。

騒音や虫の侵入リスク

マンションは、駅前や幹線道路沿いなど、利便性の良いエリアに建てられる傾向があります。
そのため、立地によっては音が響きやすく、1階が避けられる可能性もあります。
また、1階は高層階に比べて虫の侵入がしやすいことも、売却しにくい理由の1つです。
日当たりの悪い立地の場合は、湿気がたまりやすく、シロアリが発生する可能性もあります。

▼この記事も読まれています
不動産売却で国民健康保険料が上がる?3,000万円特別控除に注意!

マンションの1階の売却は難しい?1階のメリットとは

マンションの1階の売却は難しい?1階のメリットとは

高層階に比べて1階の売却は難しい面がありますが、1階部分には高層階にないメリットも多くあります。
売却の際のアピールポイントにもなる、マンション1階のメリットをご紹介します。

下の階を気にしなくて良い

マンションの1階のメリットは、騒音問題などで下の階を気にせずに済むことです。
マンションなどの集合住宅では、騒音に関するトラブルが起こることがあります。
子どもが走りまわるなどコントロールできない音の問題で、下の階への影響を気遣う方も多いと思います。
1階なら小さな子どものいる家庭でも下の階を気にせずに済むため、騒音問題への気遣いから解放されることがメリットです。

移動距離が少なく出入りが楽

1階はエレベーターに乗る必要がないため、外に出るまでの移動距離が少ないこともメリットです。
外のゴミ置き場にもわざわざエレベーターや階段を使わずに、すぐに移動できます。
高層マンションでは、地震などの災害時にエレベーターが止まってしまう不安がありますが、1階ならすぐに避難できることもメリットです。
通勤・通学の時間帯に、エレベーターがなかなか来ないといったストレスを感じることもありません。
忘れ物をしてもすぐに取りに行けるなど、日々の移動が楽なことが、メリットとして感じられるでしょう。

専用庭がある

専用庭があるマンションの1階の場合は、ガーデニングをしたり、子どもを外で遊ばせたりできることもメリットです。
ガーデニングで窓から庭を眺めれば、癒やし効果も感じられ、1階の良さを満喫できます。
忙しくてなかなか公園に子どもを連れていけないときでも、庭遊びができれば大人も子どももストレスから解放されます。
家庭菜園に興味がある方にとっても、専用庭があることは魅力になるでしょう。

落下事故の心配がない

マンションの高層階に住む場合は、子どもの落下事故に気を付ける必要があります。
小さい子どもがいる家庭で親が気遣うことは多いですが、落下事故を心配しなくても良いことは、大きなメリットです。

▼この記事も読まれています
戸建て住宅の建物価値は築20年経過すると不動産としての売却価値がなくなる?

マンションの1階を売却するコツとは

マンションの1階を売却するコツとは

マンションの1階は売却が難しいと感じる場合でも、1階のメリットや売却のコツを知れば、スムーズに売却できる可能性も高まります。
マンション1階を売却する際のコツをご紹介します。

1階に向いているターゲットを知る

マンションの1階に向いているターゲットを知り、どのような点がアピールできるか把握することが、売却をスムーズにするコツです。
1階に向いている方は、次のような層になります。

小さい子どもがいる家庭
マンションの1階は、小さい子どもがいる家庭にメリットが多くあります。
子どもの足音が下に響くことを気にせずに済むため、子どもをのびのびと育てられます。
滑り台やプールを庭に置けるので、いつでも外遊びを楽しめることもメリットです。
また、小さい子どもを連れての移動は大変なことも多いですが、1階ならベビーカーでもすぐに外に出られます。

高齢者のいる家庭
エレベーターに乗らずに移動できるマンションの1階は、高齢者の方にとっても向いている物件です。
地震などの災害でエレベーターが止まってしまっても、1階なら車椅子でもスムーズに避難できます。
また、子どもが独立して家を出た後、階段を使わずに済むワンフロアの部屋に引っ越しを検討する方もいらっしゃいます。
ライフスタイルの変化によって引っ越しを検討する高齢の方にとっても、災害時に避難しやすい1階は、メリットの大きい物件といえるでしょう。

一戸建て感覚でマンションに住みたい方
一戸建てに住みたいけれど、価格などの問題からマンションを選択する方もいらっしゃいます。
一戸建てに住みたい方にとっては、ガーデニングができて、下の階を気にせずに済むマンションの1階は、一戸建て感覚で住める魅力的な物件です。

内覧時にアピールするポイントをまとめておく

マンションの1階に向いている層を把握したら、それぞれの購入希望者に向けたアピールポイントをまとめておくことが売却のコツです。
内覧時に説明できるよう、それぞれの購入希望者に合わせたアピールポイントを整理しておきましょう。
また、1階のデメリットへの質問が来ることを想定し、デメリット対策をまとめておくこともおすすめです。
窓際に家具をなるべく置かないよう日当たりを確保し、マンションにどのようなセキュリティ設備があるのか事前に把握しておきましょう。

売却時の価格設定を慎重におこなう

不動産売却で売出し価格を設定する際は、売主の意向も反映しながら不動産会社と相談して決めます。
少しでも高く売却したいと考える方も多いと思いますが、マンションの1階の売却では、価格設定を慎重におこなうこともコツの1つです。
売却するときに、同じマンション内の上の階が売り出されている場合は、その階よりも低く価格にすることが必要になります。
近隣で売り出されているマンションの価格も参考にしながら、不動産会社と相談して価格設定をしていきましょう。

▼この記事も読まれています
不動産を購入すると必要になる確定申告のやり方について

まとめ

マンションの1階は、日当たりやセキュリティ面を不安に感じる理由から、高層階に比べて売却が難しい面があります。
売却をスムーズに進めるためのコツは、1階ならではのメリットや購入希望者に合ったアピールポイントを把握することです。
マンションの1階を売却する際は、近隣や同じマンション内で売り出されている価格を参考にしながら、慎重に価格設定をおこないましょう。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0566-52-6063

営業時間
AM9:00~PM5:00
定休日
水曜日、祝日

関連記事

スタッフブログ

不動産売却

お知らせ

空き家

売却査定

お問い合わせ